減築という考え方

「減築」とは、わかりやすくいうと
「増築」の反対です。

かつて人口が増加傾向にあった頃は、より床面積を広げようとする「増築」が求められていました。一方、「減築」はそれとは真逆の考え方。床面積を減らして、効率のよい生活をすることに価値を置いています。

具体的なメリットには、 耐震性能の向上 光・通風環境の改善 空調効率の改善 などがあげられます。

お子様が独立され、ご夫婦2人で暮らすようになってたくさんの部屋が必要なくなった時に、その数を減らしたり、2階建てを平屋建てにすることが「減築」の代表的な例です。このような場合、家を買い換えて別の土地へ移るという選択もあるでしょうが、「減築」であれば住みなれた街を離れなくてもよいのです。さらに注目すべきは、一般的な建て替えよりもローコストだということ。「減築」は建て替えの半分程度の予算で計画が可能です。ご興味がありましたら、まずはルーヴィスへお問合せ下さい。

ルーヴィスの減築手法は海外でも多く注目されています。

お問い合わせはこちら