2017/10/19 サイトリニューアルいたしました!

ルーヴィスの考え

ROOVICE MIND
株式会社 ルーヴィス 代表取締役
福井 信行 NOBUYUKI FUKUI

私達の目的は、リノベーションを通じて
選択肢を広げていく事です。

住宅分野に関しては、住宅ストックが余りあるにもかかわらず「過ごしたい空間がなかなか見つからない。」などのご相談に対し、年間80〜90件ほどのリノベーション・コンバージョン案件に携わり、クライアントのニーズに対応してきました。近年、取り沙汰されている空き家問題に対しては2015年から「カリアゲ」という自主プロジェクトを立ち上げ、所有者が再投資の難しい空き家を自社で借上げ、リノベーション投資を行い、運営する事業を始めています。人口減少下において衰退していくとされる我が国において、経済成長時とは異なるビジネスモデルを構築しながら、建築領域だけにとらわれることなく、積極的にこれからの可能性を探っていきたいと考えています。

ルーヴィスのリノベーション

2005年に創業し、建物のリノベーションだけではなく、近年においては建物再生を軸としたコミュニティ再生や、既存事業の再生など、領域を横断したご相談をいただくことが増えています。ルーヴィスの得意とするリノベーションは「既存の良い部分は活かしながら、懐かしい新しさに変化させるところ」と思っています。事業再生も同じで、今がうまくいってないから全てを刷新しなければならないわけではなく、過去に培われた事業の中で活かせるものは活かし、変えるところはドラスティックに変える。メリハリをつけながら調和を整えることで、真新しいだけのものでは出すことのできない価値を提供していきたいと考えています。