2018/11/07 メディア掲載 更新しました!

シゴト

WORKS
112

TO-GO-SHI STAY(s)

 

↓以下、studio nikoによるテキスト。

大崎駅から徒歩10分ほど、築23年の鉄骨3階建て店舗併用住宅を宿泊施設に改修するプロジェクト。

インバウンドを見越し、和の要素を求められたため、「縁側」という言葉から新しい和の表現を考えた。既存のプログラムとして残った一階の居酒屋は、暖簾などの要素を取り入れながら、施設の食堂のように扱っている。

予算の関係から床はタイルカーペットを剥がしたコンクリート表し仕上げとし、木のデッキとの組み合わせで空間を床で分割しながら、上下足両方の過ごし方ができるようにした。

ギャラリースペースには、地域の情報と共に、この改修のコンセプトやディテール、使用されている照明器具や家具の情報を展示し、このプロジェクト通して日本の文化に触れる事ができるようにしている。

 

studio niko

http://www.studioniko.jp/p/works/to-go-shi-stay

CREDIT

種別

リノベーション

構造規模

鉄骨造3階建

設計

studio niko

設計担当

佐藤研也

施工

ルーヴィス

施工管理

荒井良太

計画面積

188m2

撮影

ZODIAC CORPORATION

所在地

東京都品川区

SERVICE